music♪
news

J-pop 80s90s総研!!

80年代90年代のJ-popのPVを一緒に掘り起こしましょう。 もちろん全PV無料視聴!あの曲なんだっけ?あ~こんな曲あった!!こんなPVつくってたの?知らんかったわw なんて秘蔵PVまで発掘していきたいと思います! 80年代は80年代 日本のうたへどうぞ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
 
「花より男子」のヒョンジュン画像
本日の*オメザのうた*
B'z ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~ 



B’z「HEAT」を「花より男子」のヒョンジュンへ提供。
 「HEAT」は、稲葉が作詞、松本が作曲を担当。これまで個々で楽曲を提供したことはあるが、B’zとして他アーティストに曲を書き下ろしたのは1988年のデビュー以来初めて。しかも楽曲提供だけでなく、稲葉がコーラス、松本がギターでレコーディングに参加するなど、ヒョンジュンへの並々ならぬ情熱がうかがえる。
 関係者によると、ヒョンジュンはB’zのCDを全作持っているほどの大ファンで、昨年11月に行われた日本ソロデビューの記者会見でも「B’zと共演したい」と公言。今回、ダメ元で楽曲提供をオファーしたところ、彼らがこれを快諾し、夢共演が実現した。

 ドラマ「花より男子」(韓国版、2009年)で日本でもブレークしたヒョンジュンは、05年のデビュー以降、歌手、俳優として幅広く活躍し、アジア圏での人気は絶大。昨年6月の初ソロミニアルバム「Break Down」が米歌姫、レディー・ガガ(26)を抜いてオリコン輸入部門1位を獲得。1月のソロデビューシングル「KISS KISS/Lucky Guy」は、海外歌手デビュー曲史上最高の初日売り上げ枚数7・1万枚を叩きだすなど今、最も注目されているアーティストの1人だ。
 それだけに稲葉、松本はレコーディングに参加し、直接指導するなど力が入る。ヒョンジュンによると、スタジオで和やかな雰囲気の中、2人から細やかなアドバイスを受けたとし、アップテンポなポップスのリズムに合わせて、ヒョンジュンの甘い歌声と松本が奏でる泣きのギター、稲葉のファルセット(裏声)が効いたハイトーンボイスが絶妙に絡み合うタイトル通りの夏らしい熱い楽曲を完成させた。
 ヒョンジュンは「日本のミュージシャン、B’zの楽曲を歌うことができて本当に光栄です。完成度の高い楽曲となっていますので楽しみにしていてください」とPR。日韓の強力タッグ曲が旋風を巻き起こしそうだ。

「花より男子」のヒョンジュン画像 
★表紙人気投票でも1位争い
 ヒョンジュンは現在、史上初の韓国エンタメ週刊新聞「サンスポ韓Fun」創刊1周年を記念した特設サイト(http://topics.jp.msn.com/ka
nfun/)で行われている歴代表紙の人気投票で1位争いを展開中。
 全51号のうち、ヒョンジュンが表紙を飾ったのは17号、22号、39号の3回。このうち22号は、4月30日午後10時現在、6536票(得票率18%)を獲得。
第9号のジョン・ヨンファ(6548票、18%)と激しく1位を争っている。投票は5月21日まで。
http://ceron.jp/url/www.sanspo.com/geino/news/20120501/oth12050105050010-n1.html


pagetop
本日の*オメザのうた*は
大記録を打ち立てたB'zです!
「 太陽のKomachi Angel」

太陽のKomachi AngelB'z画像







【オリコン】B’z50thシングル10冠達成 首位獲得週数でピンク・レディーに並ぶ。

節目の50thシングルで首位を獲得し、シングル10冠目を獲得!

 人気ロックユニット・B’zの50作目の記念シングル「GO FOR IT,BABY -キオクの山脈-」(4日発売)が初週14.3万枚を売り上げ、4/16付週間ランキング首位に初登場した。

B’zのシングル首位は「太陽のKomachi Angel」(1990年6月発売)から46作連続通算46作目。

今作を含めたシングルで記録した「首位獲得週数」が通算63週となり、ピンク・レディーの持つ「アーティスト別シングル首位獲得週数記録」に並び歴代1位タイとなった。


 B’zはすでに
(1)「総売上枚数」
(2)「通算首位獲得作品数」
(3)「連続首位獲得作品数」
(4)「連続首位獲得年数」
(5)「連続TOP10獲得年数」
(6)「通算ミリオン獲得作品数」
(7)「連続ミリオン獲得作品数」
(8)「連続ミリオン獲得年数」
(9)「TOP10内同時ランクイン」
で歴代1位(男女グループ・ソロを含む)記録を保持しており、今回1位タイに並んだ「アーティスト別シングル首位獲得週数記録」と合わせ、シングル10冠目を手中にした。

B’zのシングル10冠記録 ※左から:部門、記録、歴代2位記録
(1)総売上枚数…3539.9万枚(Mr.Children:2817.8万枚)
(2)通算首位獲得作品数…46作(浜崎あゆみ:37作)
(3)連続首位獲得作品数…46作(KinKi Kids:32作)
(4)連続首位獲得年数…20年連続(KinKi Kids:16年連続)
★(5)通算首位獲得週数…63週(ピンク・レディーに並ぶ歴代1位タイ)
(6)連続TOP10獲得年数…20年連続(SMAPに並ぶ歴代1位タイ)
(7)TOP10内同時ランクイン数…9作同時(globe、宇多田ヒカル、AKB48:4作同時)
(8)通算ミリオン獲得作品数…15作(Mr.Children:10作)
(9)連続ミリオン獲得作品数…13作連続(Mr.Children:8作連続)
(10)連続ミリオン獲得年数…7年連続(CHAGE&ASKA、Mr.Children、GLAY、浜崎あゆみ:4年連続)
★=今回達成
太陽のKomachi AngelB'z画像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000326-oric-musi
pagetop

2011/12/27

B'z / BLOWIN'

B'z BLOWIN'




pagetop
B'z/愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない



オリコンシングルチャート1位獲得作品の中で最も曲名が長い作品。

稲葉によると当初の表記は『愛のままにわがままに』だけだったらしいが、周りの「もっとインパクトが欲しい」とのリクエストでこのようになった。

稲葉は会報で「いつかこれくらい長い曲名の曲を作りたい」と語っているが、現在まで実現していない。

本作がリリースされた頃はB'zが所属するビーイングの他のアーティストも以下のような非常に長いタイトルの曲を発売しており、2000年代でも三枝夕夏 IN dbを代表にビーイング系の伝統となっている。


コレも気になる↓↓

ZARD / サヨナラは今もこの胸に居ます

大黒摩季 / 別れましょう私から消えましょうあなたから

WANDS / 愛を語るより口づけをかわそう

T-BOLAN / おさえきれないこの気持ち

ZYYG / 君が欲しくてたまらない

MANISH / 声にならないほどに愛しい

DEEN / このまま君だけを奪い去りたい

宇徳敬子 - 『あなたの夢の中そっと忍び込みたい

中原薫 - 『街中の素敵みんな着飾って

柳原愛子 - 『きっとふたり会えてよかった』

ビーイング系以外のアーティストでは、以下のような例がある。

UN'z(ウッチャンナンチャン)『風を受け走る君には恐いものは何も無い』(1994年)

番組内でのB'zパロディコントのキャラクターのため、意図的に長いタイトルが使用されている。

大塚愛『黒毛和牛上塩タン焼680円』(2005年)

発売する際に「B'zの(愛のまま-)に負けないくらいインパクトのある長いタイトルをつけたかった」と発言している。


pagetop
B'z / さまよえる蒼い弾丸 (当時)







B'z / さまよえる蒼い弾丸








きっとコレが気になる



B'z/ギリギリchopB'z/ギリギリchop









pagetop
B'z / Don't Leave Me


う~ん、アメリカン!
ぶれない人たちですね~

(どんじゃら2号)

きっとコレが気になる

エアロスミス画像 エアロスミス

pagetop
B'z  / LOVE PHANTOM



きっとコレが気になる

pagetop
B'z ギリギリchop



pagetop
検索フォーム
カテゴリ
UA (5)
GAO (1)
KAN (0)
ZOO (1)
19 (1)
trf (3)
B'z (8)
V2 (1)
CustomCategory
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。