music♪
news

J-pop 80s90s総研!!

80年代90年代のJ-popのPVを一緒に掘り起こしましょう。 もちろん全PV無料視聴!あの曲なんだっけ?あ~こんな曲あった!!こんなPVつくってたの?知らんかったわw なんて秘蔵PVまで発掘していきたいと思います! 80年代は80年代 日本のうたへどうぞ!

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/12/26

THE BOOM / 島唄



THE BOOM / 島唄



「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」(しまうた オリジナル・ヴァージョン)は、日本の音楽グループであるTHE BOOMが1993年6月21日に発表した11枚目のシングル。

THE BOOMの代表曲であり、同バンドの名が一躍全国に知られることとなった作品。

単なるラブソングとして解釈されることも多いが、実際には宮沢和史が「ひめゆり平和記念資料館」を訪れた際に受けた衝撃を元に作られた、沖縄戦とその犠牲者への思いを歌った反戦歌である。

前年の「島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)」(1992年12月12日発売)の沖縄でのヒットを受け、標準語で歌われた「オリジナル・ヴァージョン」の全国発売の要望も高まったことから発売された。しかしTHE BOOMとしては当初、リリースを考えていなかったという。この曲は1992年のアルバム『思春期』からのシングルカットということになっているが、実際にはシングルに収録されているのはリミックスされたヴァージョン(1992年のベストアルバム『THE BOOM』に収録)である。当時の沖縄ブームと、前年の「ウチナーグチ」の沖縄でのヒットも話題となり、この曲も幅広い層に高く評価され、全国で150万枚を売り上げる大ヒットとなった。現在、この「島唄」は国内外問わず多くのアーティストにカバーされている。

THE BOOMはその年の紅白歌合戦に出場(ウチナーグチで歌う)。また、この年の「第35回日本レコード大賞」において「ベストソング賞」を受賞した。

この曲のヒットでTHE BOOMは多くの音楽番組に出演したが、そのたびに宮沢らTHE BOOMのメンバーが「沖縄出身ではない」ことが話題にされた。

また、この曲は中学校の英語教科書Sunshineに経緯が紹介された。
ジャケットは、PVに出てくる映像の一部が使われている。

これも気になる↓↓
THE BOOM 島唄~ウチナーグチ・ヴァージョン


関連記事
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
検索フォーム
カテゴリ
UA (5)
GAO (1)
KAN (0)
ZOO (1)
19 (1)
trf (3)
B'z (8)
V2 (1)
CustomCategory
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。