music♪
news

J-pop 80s90s総研!!

80年代90年代のJ-popのPVを一緒に掘り起こしましょう。 もちろん全PV無料視聴!あの曲なんだっけ?あ~こんな曲あった!!こんなPVつくってたの?知らんかったわw なんて秘蔵PVまで発掘していきたいと思います! 80年代は80年代 日本のうたへどうぞ!

2012/02/27

イカ天バンド特集6

 CHAD CRIED

    小柄なスキンヘッドの男と長髪で髭面の男のツインボーカルで、小柄なスキンヘッドの方はスタジオ出演時画面後方で小刻みに動くなどして目立っていた。楽曲は「サーフィン・バード」。髭面のボーカルがマイクを口に加えて呻き始めたところで赤ランプがつくも、その後そのままドラムセットを破壊して復活ランプが点灯。


吉井和哉真鍋かをり画像コイズミ会議in女的福山雅治2
    女性ボーカルは中村あゆみのようなハスキーボイスで他の男性メンバー3人も美形揃い。「お茶の間のアイドル」が目標だった。楽曲は「キッス・キッス・キッス」。


マリア観音 
は今なお語り継がれている。楽曲は「別れたその夜」。完奏を果たす。その後メンバーチェンジを繰り返し、現在はヴォーカル木幡東介一人でマリア観音名義となり、全ての楽器を演奏している。

突然段ボール

    1977年結成という古強者。業界ではその名を知られたマニアックユニット。濃いキャラクターで強い印象を残したが(このときの楽曲は「凍結」)、カブキロックスに敗北した。元々メンバーは3人であったが、出演当時はドラムが脱退して2人で出場した。結成から出場まで、途切れることなく活動を継続していた息の長いバンドである。彼らのバンド名を真似した突撃ダンスホールの活躍に刺激され、居ても立ってもいられなくなり出場を決意したというのが出場の理由であった。相原勇はこちらが元祖であることが不思議そうであった。三宅裕司が「ついにプロが登場しました!」とコメントしたが、実際には出演当時は音楽関係の仕事は引退しており「元プロ」であった。練習は養鶏場の二階を無料で借りて行っていた。今日でも活動を継続しており、公式ホームページも持っている。メンバーはボーカルが2003年に亡くなったため、イカ天出演当時とは変わっている。キャラクターが重なるたまのメンバー石川浩司とも親交があった。審査員のグーフィー森は彼らのファンであった。










CHAD CRIED,女的(ガールティック),マリア観音,突然段ボー ル無料動画は左下↓↓↓↓続きを読むをクリック↓↓↓↓
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
検索フォーム
カテゴリ
UA (5)
GAO (1)
KAN (0)
ZOO (1)
19 (1)
trf (3)
B'z (8)
V2 (1)
CustomCategory