music♪
news

J-pop 80s90s総研!!

80年代90年代のJ-popのPVを一緒に掘り起こしましょう。 もちろん全PV無料視聴!あの曲なんだっけ?あ~こんな曲あった!!こんなPVつくってたの?知らんかったわw なんて秘蔵PVまで発掘していきたいと思います! 80年代は80年代 日本のうたへどうぞ!

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/04/26

*帰り道のブルーズ51* TM NETWORK KISS YOU

 本日の*帰り道のブルーズ*は
TM NETWORK KISS YOU




TM NETWORKの日本武道館ライブレポート

TM NETWORKの日本武道館公演<TM NETWORK CONCERT -Incubation Period->が、4月24日に開催された。彼らが日本武道館ライヴを行なったのは、約4年ぶり。当日、開演前にはTM NETWORKを心待ちにした1万人のオーディエンス、FANKSが田安門をくぐり抜けて、武道館へと足を運んだ。
2日間開催のライヴは、4月24日の公演が前編で、翌25日が後編という位置づけ。そのため、セットリストも、演出も、音も、前編と後編では一部異なったものになるという。
また、ライヴは地球潜伏30年目を迎えて任務完了となった2014年のTM NETWORKが、タイムマシンで時間を2年間(730日)巻き戻した、2012年の話(という設定)。ライヴの始まりは同時に、残された730日という物語の始まりなのだ。
赤、青、紫のジャケットに身を包んだ宇都宮隆木根尚登、そして小室哲哉が、“母船”からの光に包まれてステージに降り立つ。TM NETWORKの再始動、そして単独公演を待ちわびたオーディエンスからは早くも大歓声が上がる。1曲目は「Fool On The Planet」。TM NETWORKの“特別な日本武道館公演”での「Fool On The Planet」といえば、1987年、初の単独武道館公演となった<TM NETWORK FANKS CRY-MAX>の、一度閉じた幕が再び開いた瞬間を思い出した人もいたはずだ。
2007年発表の「ACTION」から1985年発表「永遠のパスポート」まで、まるで時間を自由に行き来するかのように作品が披露されるライヴ前半。中でも触れておかないといけないのが「Love Train」だろう。
大盛上がりの中、迎えたエンディング部分で、突如、音が飛んだかのように音圧が急激に下がる。異変に気づくメンバーとスタッフ。そしてオーディエンス。すぐさまクラップと合唱が巻き起こり、音がほとんどない状況ながら曲は終了する。しかし、機材トラブルのような様相を呈しているステージ。3人は一度ステージから姿を消して、武道館の客電がつく。“ライヴ中止”という言葉までも脳裏にちらついて騒然とする1万人からは、復旧を待つ手拍子が沸き起こる。そしてしばらくして、小室が姿を見せ、そして宇都宮、木根もステージイン。小室はキーボードを確かめるように鍵盤を叩き、そして何事もなかったように「Kiss You」へ。



全文は
http://www.barks.jp/news/?id=1000079097



関連記事
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
検索フォーム
カテゴリ
UA (5)
GAO (1)
KAN (0)
ZOO (1)
19 (1)
trf (3)
B'z (8)
V2 (1)
CustomCategory
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。